上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
色々作ってみました^^

P1220531.jpg
P1220904.jpg
P1220901.jpg
P1220529.jpg

タグと花のモチーフ付けたり^^

P1120389.jpg
P1120398.jpg

縦長タイプも可愛い^^

P1130844.jpg



スポンサーサイト
とうとうここまで来ました^^

レシピ書いていて思ったのですが、
持ち手、ポケットの部分でかなり動力を取られています^^;

ここは思い切って割愛するのもありですね。


まず持ち手をアクリルテープで代用。
そして、ポケットも無くていいか(^.^)ってことで、
更に簡単レッスンバッグになります。


では、続きです^^


P1220840.jpg


表地の中に裏地をセットします。
縫い目のある両サイドを綺麗に揃えましょう。


P1220841.jpg


中央もまち針で止め。
形を整えます。


P1220843.jpg


取り付け位置に持ちてを付けます。


P1220846.jpg


フリーアームにしてぐるっと一周ミシンをかけます。
持ち手部分は強度を付けるため返し縫いします。


どうしても表布がミシン押さえで伸びてきます。
表布と裏布を両方を引っ張りながらミシンがけしましょう!


ピンと張った状態で縫います。ミシンの力より強く引っ張るとミシンが進みません。
ちょっと手加減しながら頑張って下さい。


P1220847.jpg


裏からも縫い目を確認。

ミシン目が落ちてないかチェックしましょう。


P1220849.jpg


うんでもって、最後のアイロンで完成です\(^o^)/
お疲れ様でした~~~♪


**

初めてのレシピ作成でした。

本当はもっとコツとかこだわりとか書きたかったのですが、
記事の量が多くなりすぎるので・・・・。

ほかの記事でその都度紹介していきますね^^


ポケット付けます^^

P1220825.jpg


まず、本体と同じように、
チャコペンでパターンを写します。ポケット位置も忘れずに!

そして口の部分をアイロンで折っておきます。
何度も言いますが、あらかじめアイロンで型を付けておくとあとが楽になります^^


P1220826.jpg


ポケットの両サイド、下の3箇所を8ミリにカット。
そして両サイドをアイロン。
厚紙で型紙を作っているので、型紙にそってアイロンをかけます。


P1220827.jpg


上下もアイロン。(両サイドは折ったままです)
上部は三つ折するので3cm取っています。


P1220828.jpg


上部アイロン位置を目印に半分で折る。
こうすると綺麗に三つ折が出来ます。


P1220829.jpg


綺麗にアイロンできたら、上部のみミシンをかける。
そして、またアイロン。
やたらとアイロンかけますが、縫ったら必ずアイロン!!が基本です。


P1220830.jpg


ポケット取り付け位置にしつけます。
私はしつけ縫いせずにまち針のみですが、
慣れていないとミシンがけでずれてくるので、しつけ縫いしても良いと思います。


P1220831.jpg


まずポケットの周りを縫います。
そのまま端から1cmの位置も縫います。(凹のように)


P1220835.jpg


このようにステッチをかけると、8ミリにカットした縫い代が隠れて
中から見えなくなりますね^^


P1220837.jpg


ポケット、無事に付いたでしょうか?
ポケットが付いたら裏地の側面を縫って、
口の部分折り返してアイロンです^^


P1220839.jpg


やっと各パーツが揃いました\(^o^)/
ラストスパートです、あと少し頑張りましょう。






次は本体縫います^^

P1220813.jpg


カットした生地にパターンをチャコペンで写します。

チャコペンは100均でも売っていますね。
水で消せるタイプ(水色)
時間がたつと消えるタイプ(ピンク)があります。

とくにピンクが便利なのですが、消えるのが早いので、大作には向きませんよ~^^;
次の日には消えています。上手に使い分けましょう。


P1220814.jpg


まず、本体生地を中表に合わせ底を縫います。


P1220815.jpg


縫い代を割ってアイロン。
口の部分にアイロンで形を付けておきましょう。


P1220816.jpg


この時、縫い代に持ち手の位置を。


P1220817.jpg


脇の部分を縫います。
底の縫い目まででストップです。


P1220818.jpg


裏返して、しっかり角を出しておきます。


P1220820.jpg


で、またアイロン。


P1220821.jpg


口の部分、
あらかじめアイロンで型をつけていたので綺麗に折り返せますね♪


P1220822.jpg

P1220824.jpg



次は裏地にポケット付けます。

ロックをかけないので、裏地を付けます。
ポケット、無くても良いのですが、やっぱりあると便利です。

ここは母の愛情で付けてあげましょう^^

ポケットも縫い代が出ないように工夫しています。

持ち手は、テープでも代用できます。
アクリルテープは2~2.5cm巾の物を選んで下さい^^





カラフルな色が沢山売っています。
ステッチや水玉、レースがあしらってある物まであるんですよ~。



テープ使うよって方は、次のレッスンバッグ作り方3へお進み下さい^^



P1220799.jpg


持ち手は、中表に折ってミシンのガイドライン2cmにそってガーっと縫います。
(最後までガイドラインから目を離さず縫うのがコツです)
チャコペンで線を引いて縫っても良いです^^


P1220803.jpg


縫い代を8ミリくらいにカットして、縫い代を割ります。
アイロンが掛けられないので、爪でこすります。


P1220805.jpg


私は、お箸を使って裏返えしていますよ。
なれると簡単♪


P1220808.jpg


そしてアイロン。
縫い目が裏の中心にきます。


P1220809.jpg


で、両端をステッチ。
ステッチもミシン押さえやガイドラインで同じ巾になるようにガ~っと一気に縫います。


P1220811.jpg


出来上がりの寸法、35cmで印を付けておきます。






P1220849.jpg


入園準備で初めて作るかたも多いのではないでしょうか?
おそろいの生地で、巾着やランチョンマットなど作ると可愛いですよね^^

ポケットも大きめにしました。

レッスンバッグ



まず、上の画像を参考に型紙を作ります。
型紙は厚紙で作ることをおすすめします。作業がはかどります。



出来上がりサイズ、
サイズ 約、横38センチ×縦27センチ
持ち手 2センチ巾×35センチ
ポケット 18センチ×14センチ

P1220791.jpg


今回選んだのは、こちらのパネル生地です^^
入園準備用の生地です。

1枚の生地で、何パターンかの袋物が作れるようになっている、
大変気が効いた生地なんです^^

バレリーナ以外にも色んな柄が発売されています。



P1220793.jpg


生地に型紙をあてて、
本体上部、ポケット上部は3cm、その他は縫い代を1.5cmとってカットします。


P1220794.jpg


こんな感じ♪


P1220798.jpg

表生地A

P1220795.jpg

表生地B

P1220797.jpg

裏生地


残っていた生地で2枚分とれたので、
2点まとめて作ってしまいますよ~^^





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。