上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます^^
またまた持病の背中を痛めてしまいました・・・。

運動不足のせいでしょうね~。
さすがに、こう頻繁にいたくなると制作活動に支障があるので、
運動します!! ←宣言してみる(^_^;)

早速、以前からリサーチしていたヨガ教室に申込してきたのですが、
運動が苦手な私でも続けられるのか不安です。



では、バネ口ポーチの作り方です^^

P1290397.jpg

リネンの生地で作っていきます^^
このブラウンリネン、以前作ったのですが、
作ってすぐに売れたので、調子に乗って色違いも合わせて作ってみました^^


P1290399.jpg

芯を貼ります。
口の部分のみ、両サイドを出来上がりサイズにしています。
(三つ折してかさばるので)


P1290400.jpg

型を写し、縫い代1cmくらいでカットします。
口部分のみ両端は2cmの縫い代にします。
(三つ折するため)


P1290401.jpg

本体にレースを縫い付けます。
タグとかを付ける場合もこの時に付けておきます。


P1290403.jpg

まず裏生地の底の部分を縫います。


P1290404.jpg

縫い代にはみ出さないように^^


P1290407.jpg

本体部分に切り込みを入れます。
こんな感じ^^


P1290408.jpg

脇の部分を合わせて縫います。
切り込みを入れているので、無理なく角が縫えると思います^^


P1290409.jpg

本体を縫い付けたあとに裏返すので、一箇所だけ空けておきます。


P1290419.jpg

本体も同じように作ります。
縫い代は割っておきます。

P1290411.jpg

口の部分、両端を出来上がりに合わせて折ります。


P1290412.jpg

さらに折った部分を半分に折込み、三つ折にします。


P1290416.jpg

ステッチかけます。


P1290418.jpg

半分に折り、1.5cmでラインを引きます。
中央にも印を付けておきましょう~。


P1290421.jpg

一番の難所です~。
本体に口部分を付けます。

まず中央を合します。
サイドは5ミリほどあきます。

両サイドの高さがちゃんと合っているかもチェックします。
(出来上がりで段違いになるとかっこ悪いですよ~)

なれない内はしつけをしましょうね^^


P1290422.jpg

裏生地を中表にセットします。


P1290423.jpg

ミシンでグルっと一周縫います。

表側からミシンをかけ、ズレないようにゆっくり慎重に縫いましょう。
こういった輪っかを縫うときは、少し引っ張りながら縫うとシワがよらず綺麗に仕上がります^^


P1290426.jpg

縫わずに空けておいた裏生地の穴から、裏返します。
返したあとは、手縫いでふさぎます。


P1290427.jpg

バネ口、持ち手を付ければ出来上がりです。

金具の付け方はバネ口携帯ポーチ作り方を参考にしてください。
口部分、別の付け方も紹介しています。
お好きな方でチャレンジして下さいね^^



お疲れ様でした~。




***** 今回使った材料たち、参考にしてね^^ *****



*****************************************





一日ワンクリック♪
応援お願いします^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










スポンサーサイト
おはようございます^^
リクエストいただいたので、早速作り方UPしたいと思います。

取りあえず、製図から(^_-)-☆


バネ口 デジカメケース 切替



***** 今回使った材料たち、参考にしてね^^ *****



*****************************************



P1230831.jpg
P1280239.jpg





一日ワンクリック♪
応援お願いします^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







こんばんは^^


花粉症で苦しんでいます~(^_^;)
なので、ぼちぼちなペースでイベント準備すすめていますよ~。



P1280231.jpg

P1280234.jpg



今日はデジカメケースです。
リネンと花柄で大人っぽい感じに仕上げました^^

こちらのバネ口ポーチ、作り方まだ記事にしていなかったんですね・・・。
すっかり終わったと思っていたので、制作過程の写真撮ってないです。

また次回作った時にでも作り方UPしたいと思います^^





一日ワンクリック♪
応援お願いします^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







パターンをUpしたまま放置してました・・・ね^^

バネ口のダーツが入ったタイプになります。
丸くて可愛い感じに仕上がりました。


P1240308.jpg


こちらの作り方はしじみ巾着と同じ作り方になりますので、
しじみ巾着を作る際にも参考にしてください^^


P1240290.jpg


大人っぽい感じで、花柄とリネンのカットクロスで作りました~。

P1240291.jpg


型紙に合わせて両端にアイロンをかけます。


P1240292.jpg


縫い代をもう一度折って、三つ折にします。


P1240293.jpg


ミシンをかけます。


P1240294.jpg


半分に折って、型紙を写しておきます。
(1.5cmと中央)


P1240295.jpg


本体に型紙を写し、口の部分はアイロンで折っておきます。


P1240296.jpg


タグや飾りを縫いつけます。


P1240297.jpg


本体を中表で合わせ、縫います。
この時、ダーツの部分は縫いません~。(マチ針の位置)


P1240298.jpg


縫い代を1.5cmでカット、カーブのキツイ部分は細くカットします。


P1240299.jpg


普通と順番が逆ですが、ここでダーツを縫います。


P1240300.jpg


縫い代側にはみ出さないように、本体ラインまでで留めます。


P1240302.jpg


裏返してアイロンで形を整えます。
ダーツは中央側に倒します。


P1240303.jpg


裏生地を同様に作り、セットします^^


P1240304.jpg


金具を通す部分を挟み込みます^^
縫う際にずれやすいので、マチ針は多めに。


P1240305.jpg


両端が綺麗に揃っているのを確認しましょう^^


P1240306.jpg


グルっと一周縫います。
ずれやすいので慎重にミシンがけして下さい^^


画像取り忘れましたが、金具を付けます。


P1230355.jpg
P1230357.jpg


P1240308.jpg

完成です^^
お疲れ様でした~。




***** 今回使った材料たち、参考にしてね^^ *****




*****************************************





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





おはようございます^^

パターン新しいソフトで作ってみました^^
ペイントでは綺麗に書けなかったので、AR_CAOにチャレンジ。

AR_CAOは建築関係の方が使うソフトみたいなのですが、
洋裁なんかの型紙も書けてしまいます^^
フリーソフトだし、ありがたいです~。

使い慣れるまではかなりかかったのですが・・・。
これで型紙が行方不明になっても、プリントアウトすれば良いので助かりますね^^


バネ口 12cmのダーツタイプになります。
丸くて可愛いです^^

とりあえす製図のみUP♪

バネ口12cm ダーツ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





バネ口ポーチです^^

お気に入りのyuwaの生地とハーフリネンを使って、
可愛い感じにしてみました。

yuwaのスラブウォッシュ生地は少し高いのですが、
小物に使うとすごく可愛い~~。

小物だとカットクロスで十分なので↓のクロスセットを購入^^
送料無料だし!!


カン付 バネ口金具/10cm携帯ケース


バネ口10


型紙↑を参考に厚紙で作って下さい。
直線だけなので簡単ですね^^


P1230329.jpg


じゃん!!

4個分の生地です。
またまたまとめて作ってしまいますよ。

水玉でシンプルなのでタグとか付けます。
裏生地もシンプルに無地ワッフル使用。


P1230332.jpg


表生地に型紙サイズに切り取った接着芯貼ります。
口金の部分は三つ折でかさばるので、両端は接着芯張っていません。


P1230334.jpg


口金の部分は端を三つ折。


P1230335.jpg


本体は両端をアイロンで型を付けておきましょう。


P1230337.jpg


裏生地も型をを写し両端をアイロン。


P1230338.jpg


三つ折した両端をミシン。

半分で折って、型を写しておく。


P1230339.jpg
P1230340.jpg


表地の飾りを付けておきます。
今回はタグとボタン。

他にもレースとモチーフとかお好みで^^


P1230344.jpg


横縫います。


P1230347.jpg


縫い代割ります。
アイロンかけにくいので、爪でゴシゴシ割ります^^


P1230341.jpg


ここがややこしい・・・。

本体に口金部分を仮付けします。
アイロンで付けた折り目と口金部分のチャコ線を綺麗に合わせます。

ここは大事!!
雑にすると裏返した時に綺麗になりません。


P1230342.jpg


2ミリほど外を縫ってね。



P1230348.jpg


マチの部分を仮止め。
裏地も同じように脇を縫ってマチを仮止め。


P1230349.jpg


そして、底同士を合わせ。
縫います。


P1230350.jpg


こんな感じで合体。


P1230351.jpg


裏返して、口の部分をアイロンで折った位置で整える。


P1230369.jpg


口の部分の高さをちゃんと合わせよう!!


P1230352.jpg


フリーアームに入らないので、仕方なく中からステッチ。
表に綺麗なミシン目が出るように慎重に。


P1230360.jpg


バネ口金具を通します。


P1230361.jpg


金具が傷つかない用に、先が丸いタイプのペンチで。


P1230364.jpg


端の方を掴み、勢い良く曲げます。


P1230365.jpg


こんな感じ。


P1230366.jpg


後は、ギュって閉じます。


P1230356.jpg


ちなみに、カンがついてない普通のは。


P1230357.jpg


ペンチでギュっと。


P1230367.jpg


革の持ち手付けたら完成です^^
お疲れ様でした~~。


P1230370.jpg


色違いで並べると可愛さUP♪


***********************************************************************************

今回使った材料たち、参考にしてね^^






***********************************************************************************




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。