上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本体はなんとか作れるけど、金具の付け方が・・・・(;_;
ってお困りの方が多いのでは?

私もかなリ試行錯誤で、
色んな付け方を試しました・・・・。


できるだけ詳しく説明していきますね。


P1230151.jpg


まずは、金具の溝にボンドを付けます。
写真で分かるでしょうか?

ボンドの量はこんな感じです。

生地を挟んだ時にボンドが出てこないように気をつけましょう^^


金具に付いたボンドは乾くと擦るだけで取れますが、
生地につくとシミになる場合があります。




P1230152.jpg


ボンドを綿棒の棒の部分を使って広げます。


P1230153.jpg


端から本体を挟み込んでいきます。

すぐに外れるので、洗濯バサミで留めておきます。


ここで、金具の中央と生地の中央をちゃんと合わせましょう。

重要!!
すごく重要です。

ここが合っていないと出来上がりが歪んでしまいますよ~~。


P1230154.jpg


こんな感じ^^


P1230156.jpg


紐を押しこみます。


P1230157.jpg


ピンセットがいい感じに押しこめます。

紙ひもは、奥まで入れ過ぎるとストッパーの役目が果たせません。
見えるか見えないか、ぎりぎりで。


P1230159.jpg


パッと目見えないけど、奥まで行っていない。


P1230162.jpg


そしてサイドは見える感じで3ミリほど出た位置でカット。

がま口は端っこが一番弱いです。
完成品を引き抜いたりして強度をたしかめたりしました^^

少し残さないと、端から抜けやすくなります。


P1230164.jpg


こんな感じ。

中央の位置や形など確認して、OKならカシメます。


P1230166.jpg


私はこのペンチを使っていますが → 五十嵐プライヤー
なければ、金具が傷つかないように
布を当ててペンチでカシメます。

五十嵐プライヤー あるとかなリ便利です^^
激しくおすすめ!!


カシメるのは両端だけです。

両端を挟むだけでちゃんと強度が出ます。
ボンドが乾くまで引っ張ったりしないでね^^

P1230169.jpg


端だけへこんでるの分かりますか?




P1230174.jpg


形を整えたら出来上がりです。

ボンド乾くまで(一晩くらい)そっと置いておきましょう^^



お疲れ様でした~^^





スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。